読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

若き日の記憶

新国立劇場小劇場公演『マリアの首』を観劇。すっかり忘れていた上京1年目の自分が蘇って来ました。私は、劇団の研究生の中では若い方で、二十代半ばの仲間も何人かいたようです。全く芝居が初めてという人はほとんどいなくて、私のように高校時代演劇部だったり、児童劇団出身者、大学で演劇をやっていた人もいたようです。だからある程度実力があったのでしょう。だから卒業公演に、この難しい芝居が選ばれたのかも知れません。しかしそうだとしても、戦後生まれの私たちが内容を理解するのは、現代より難しかったのでは、と思えます。今よりある面平和な時代だったようですから。演出家の先生たちは相当苦労したでしょう。発音指導の先生に、被曝者の方がいらっしゃいました。結構年配の方でしたが、常に死と隣り合わせのような事をおっしゃってましたね。当時の私たち、戦争を知らない子供たちは、果たしてどれだけ、あの『マリアの首』の深いドラマ世界を理解したのか疑問です。それでも共に創り上げて行った経験は、貴重な宝物。そして輝かしい青春の思い出となりました。仲間の顔が浮かびました。すっかり忘れていた若き日の彼等が、今回の芝居観劇で眼前に見えて来ました。嬉しかったです。付き合いのあるのは、逢う事がまれの一人くらいで、その後の消息は知らない人ばかりです。亡くなった人もいるかも知れません。それでも次々出て来る楽しかった記憶、何だかとても有難い気持ちになりました。

いつまでも気持ちは青春の私ですが、若い青々と瑞々しいあの時代は帰らずです。若き日の辛い思い出はありますが、やっぱりそれも含めて青春は美しい、と私は思います。


ソラマチファション店巡り、御報告

初夏という事で、ファションコーディネートの参考には、あまりならなかったようですが、今年の夏にむけてのファション傾向は、見えて来ました。

どこか昔スタイル、デザインが戻っているようです。流行は繰り返すのですね。フォークロアデザインのブラウスや、昔風ジャケットがあったりしました。色彩的には今一という感じで、特にカジュアル服は、どの店も大差なく、これ、というトップとボトムのグットコーディネートーはほとんどなかったですね。季節的な傾向でしょうか、白っぽい色が多かったようです。気になったのは、強烈赤と紺色の組み合わせですね。トップとボトム、カラーはそのままでもどちらかを優し色、ソフトカラーにするべきです。他のファションビルなら、違ったかも知れませんが、ソラマチのファション店は、センスが良いとは言えない店が多かったというのが、私の素直な感想です。ファション好きの販売員の方たちは、もっと色彩コーディネートを学んでほしいです。そして一般の方々も、新しい衣類をお求めになる場合は、カラーの専門家のアドバイスを受けるか、色彩の事を学びましょう。せっかく購入した素敵なデザインの物を、色で失敗したらつまらないですよ。

パーソナルカラーがメインのカラーリスト桂が、いつでもあなたに合ったアドバイスを致します。誰かのマネじゃなくて、自分らしさをアピールしましょう!


初舞台の思い出

今月25日観劇に行く「マリアの首」が私の初舞台、プロとしての第1歩です。実際は演劇研究所の卒業公演でした。しかし役者は俳優の卵でも、演出家や舞台装置などスタッフの方々は、皆プロでした。特にマリアの首を作られた方は、有名な美術家の方で、すばらしい石像でした。

私は20歳でしたが、娼婦役でした。女性人は、10代の女の子を含めほぼ皆、娼婦役でした。今考えると、卒業公演にこの作品をやったというのは、凄い事です。内容はとても深く、難しかった。と記憶してます。でもストーリーは、すっかり忘れてしまいましたね。ラストシーンが感動的だった事だけは記憶に残ってますけど。ただ強烈に覚えている事があります。全く初体験のタバコ。舞台上で吸う役でしたから、必死で様になるように、練習しましたね。それにしても、成人していない人もいたのに、なぜこの芝居を劇団は、卒業公演に選んだのか、不思議です。作品は、素晴らしくとも、若い役者たちには、ちょっと難しすぎたし、役柄的にも無理があったような気もします。高校時代も演劇部だったので舞台経験はありました。でもその舞台は、学生演劇とはあまりに違ってました。何がって、迫力の違いです。

もうすぐこの芝居を観に行きます。今度は客席から、芝居に再会するのです。本当に楽しみです。2017年の今だからこそ、原爆の悲劇を描いたこの作品を、上演する意味があるのでしょうね。因みにその我初舞台は、40年も前の事です。びっくり!


思い出の演劇公演

2017年の5月、ゴールデンウイークが終わってから、一挙にイベントが続きます。自身主催の2本のイベントは、参加人数はどうあれ楽しみですが、一番のお楽しみは、久しぶりの観劇です。ドキドキワクワクしています。

それは単に観たかった演劇、というものではないから。この作品が、我初舞台で出演したものだから、スペシャルなのです。題名は、「マリアの首」昔の話、昔の作品。この作品に、この舞台に再会する事になるなんて。我波乱の人生においても、大ハプニングですよ!

ゴールデンウイークが、終わったら…

f:id:gekidan1:20170504172035j:plainf:id:gekidan1:20170504171936j:plain今は、カレンダーでは連休の真最中。お天気もよく、行楽地は人で溢れている事でしょう。しかし、仕事をしている人だってもちろん沢山いますよね。さて、ここでお知らせしたいのは、この春の連休が終わってからゆっくりお休みする方へのご案内です。

フォーシーズン通信の号外チラシでも御案内してますが、今月15日〜19日までの平日、押上のソラマチのファション店巡りをします。沢山ある服飾のお店に入って、カラーコーディネートを楽しむイベントです。時間は、ランチ後の午後。都合のよい、お好きな日を選んでカラーリスト桂まで、ご連絡ください。

次の週の週末土曜日には、水元公園で、演劇ごっこで遊びます。ゴールデンウイーク中は、家でゆっくりする方も、5月の下旬に向けて出かけてみませんか?新緑を満喫しましょうよ!

「フォーシーズン通信 春号」配布中

f:id:gekidan1:20170329090625j:plainカラーリスト桂からのお知らせです。

少しでもカラー、色彩に興味や関心、パーソナルカラーって何だろと思う方、是非フォーシーズン通信をお読みください。墨田区の墨東地域にあるカフェなどに置いてますので、御覧ください。

月1回10日、10時〜15時までの「パーソナルカラー診断お悩み相談室」押上出張所は、引き続き実施中です。5月は、ゴールデンウイークが終わった後です。のんびりカラー診断で楽しんでください。カラーがぐっと身近になりますよ。

家族だった相棒と、おさらばしてから思う事

悲観的な事は言いたくないし、そういう思いも、なるべく心から追い出したい人、それが私。しかし毎日毎日、この世から去って行く人は多い。老衰で亡くなるなら、大往生となるのだろうが、まだまだこれから、という年齢での死は、やっぱり辛く悲しい。

今年2017年は、私にとっても一つの死が、今までとは違う心持ちにさせている。少なくともここ20年とは全く違う。いつも近くに存在した唯一の人間が居ないという毎日。完全なる自由を与えられたが、案外慣れない自分に、「あら?」と思っている。相棒、これがぴったりの相手だった。パートナーなんていう感じじゃない。20年の間はケンカ相手、甘い恋愛気分、自分を失いかけた時期もあったが、二人で一つではなく、それぞれが一個の人間として生きていた。理解不能な事は多々あったが、いてくれるだけで、有難かった、と今更のように思う。突然居なくなった相棒君。しょうがない事だから、もはや悲しんではいない。しかし作家修行をしている私だが、まだこの体験を作品には出来ないようだ。今は、なるべく笑える物語を創作したいと思っている所だ。