パーソナルカラー 4シーズンパネルの謎3

さて、パーソナルカラーのパネル4枚についての謎を解くシリーズが、3回目となりました。今回は、ブルーベースの2タイプ夏と冬のパネルについてです。

この2タイプは、イエローベースと違ってテストカラーとベーシックカラーは下段にあり、やはりその位置は逆です。上段は様々な色が配置されてますが、同じような色は並んでいません。全体的にソフト色調な夏タイプと強弱の冬タイプですが、色相が同じでも位置はまるで違います。ここで気付いた事は、下段も含めて、夏は向かって左の目につきやすい所に都会的な色が配されていて、冬はその位置に赤っぽい色が割りに多いという事です。都会的というのは、現実的な色とも言えます。

どこか、その色の配置の違いで、器用な夏タイプとどこか不器用な冬タイプが見えて来ますね。唯一冬タイプだけが持っている黒などのベーシックカラーは、脇に押しやられている感じです。つまり、冬タイプは持ち味としては、4タイプの中で一番落ち着きにくいタイプかも知れませんね。上段の2タイプで、面白い違いは、左右の端っこにグリーンや水色系がある事です。各種並んでいる中で、夏タイプの方は安心が一番のようで すが、冬タイプの方はその位置に薄ピンクです。優しさ溢れる色ですが、乙女色でもあります。

こうなると、この2タイプの違いがはっきりしますね。ただ共通するのは、ブルーベースのクールさと様々に持ち味が変化するという事です。

移り気の夏と気分の変化の激しい冬でしょうか。これはあくまでもこのパネルから私が感じ取った事です。

パネルの謎は、4タイプの謎でもあって、それだけのタイプ25色の持ち味を知る面白さは、人間のそれぞれの面白さと出会える楽しさでしょうか。

パーソナルカラー 4シーズンパネルの謎2

前回で4枚のパネルをお見せしましたが、謎をお考えいただいたでしょうか?

私なりに解明したいと思います。人間というものに興味を持たれる方なら、面白くお読みいただけると思います。

まず春タイプと秋タイプ、イエローベースの2タイプについて考えてみます。

上段には両タイプ共、テストカラーとベーシックカラーですが、春の方は、向かって左にテストカラー、秋の方は、その位置にベーシックカラーがあります。春タイプがカラフルなこの5色で、ほぼ持ち味を表しているのでしょう。秋の方たちは、ベーシックなこの5色で、イメージ出来てしまいますね。それだけはありません。各色の位置が違っているのはなぜでしょう。私があら、と思ったのは白の位置です。春タイプは上段左端、秋タイプは右端です。イエローベースは、白が苦手のタイプたちですが、秋のこってり感からすると、秋タイプはより白のイメージから遠いのでしょう。

二つを比べて見ると、その色の配置の違いから、春タイプは可愛らしい、どこか無邪気さを感じます。秋タイプは、落ち着いたイメージが強く、茶系で占められている感じです。イメージとしては、4タイプの中で一番大人っぽいのが、秋です。

ブルーベースになると、テストカラーとベーシックカラーは下段になるので、イエローベースの2タイプは単純というか、分かりやすいタイプだと思います。4シーズンパネルから見えて来た事です。

次回はブルーベースの2タイプについて、パネルから気が付いた事をお伝えします。

パーソナルカラー 4シーズンパネルの謎1

今まで気付かなかった事に突如、気付く事があります。パーソナルカラー診断のために並べていた4枚のパネルを眺めている内に、重大な事に気付いたのです。

テストカラーとベーシックカラーが上段にあるのがイエローベースの春タイプと秋タイプで、この二つでも左右は違っていた事には、以前から気付いていました。ブルーベースは二つのタイプ共、テストカラーとベーシックカラーは下段で、イエローベースと同じように並びは違っている事にも。しかし今回発見したのは、色の並びが各タイプ共、全く違っていた事。なぜだろう。同じように並べた方が分かりやすいのに。そこには、色の位置を変えなければならない理由があったのでしょう。ではそれが何なのか。私なりに解明して行きたいと思います。今回はパネル写真を公開。ご一緒にこの謎を考えてみましょう。

f:id:gekidan1:20170911084020j:plainf:id:gekidan1:20170911084042j:plainf:id:gekidan1:20170911084107j:plainf:id:gekidan1:20170911084125j:plain

所変われば、気分も変わる!

f:id:gekidan1:20170820131327j:plainf:id:gekidan1:20170820131538j:plainフォーシーズン演劇クラブの第3回目の活動は、夏場8月という事で、雰囲気を変えようと、場所を変えました。通常は亀戸中央公園ですが、住吉の猿江恩賜公園で実施。

亀戸在住の頃から、馴染みのある公園ですが、墨田区に引越してからは久しぶりです。結構広い公園内を充分楽しみました。

まず、いつも通り軽くリラックスエクササイズで身体を解し、滑舌の声出し。そして今回初めてのトライ、公園内をスロージョギングで一周しました。ゆっくり園内を回り、面白い物を見つけたら道草して愉しかったです。

それから台本を取り出し、気持ちを入れて音読。芝居気分でイメージが広がって行き、役者になったり演出家になったりしてました。

今までになく、時間があっと言う間に過ぎた感じです。一人であってもそうですから、仲間がいたら時間が足りない位に楽しく過ごせる事でしょう。少し疲れましたが、充実の2時間でした。

桂明未って何者?

東京墨田区で活動中の彼女は、いったいどんな人?

パーソナルカラー診断の実施、カラーセミナーなどを開催して来ましたが、イマイチ盛り上がらないようです。

毎年師走になると、恒例になっている「星の王子さま」の朗読会も開催。ジャズボーカルを途中に挟んでいましたが、数年前からギター弾き語りでジャズを歌うようになりました。

元々は演劇人。上京してから20年は、アルバイトをしながらの演劇人生。後半10年間は劇団を立ち上げ、プロデュース公演を実施してました。残念ながら、当時の舞台写真は訳あって、一枚も残っておりません。

現在はカラーリストとしての活動が主ですが、演劇人としてまだ芝居を創りたいという思いもあり、また人間の面白さを追求したいという意味でフォーシーズン演劇クラブの活動を始めました。パーソナルカラーに興味を持ちアドバイザf:id:gekidan1:20170728084425j:plainf:id:gekidan1:20170728084729j:plainーになったのも、そんなそれぞれの持ち味の違いで起こるドラマの面白さ、人間への興味からです。

何かの参考になればと、ずいぶん昔の記事ではありますが、桂明未を紹介した物と自作プロフィールを公開させていただきます。

8人の女性、いや女性役求む!

f:id:gekidan1:20170620130618j:plainフォーシーズン演劇クラブの2回目活動日。亀戸中央公園の時計台からスタート。前回同様、まだ一人活動ですが‥‥。しかしこの時計台の下の空間は、レッスンに最適。何より8個の椅子が置かれていて、8人が座れるようになっています。つまり使用台本「丸山家の人々8人の女たち」にぴったりの場所なのです。

さて、この台本について御説明します。元々フランス戯曲で「八人の女」というロベール・トマ作の芝居がありました。私もこの芝居上演に参加した事があり、親しみがありました。ミステリーコメディなので、もちろん、お話は面白いのですが、登場人物が個性豊かで魅力的なのです。そういう事もあり、私の企画で公演をする事にしました。

しかし8人の出演者を集めるのは容易ではなく、一人二役、プラス一人の男役5人の芝居に、そして設定を日本に移し、夏(原作は、冬)のお話に作り変えました。

この芝居は、トロピカルパブをお借りして、お店の内装そのままで公演は冬にしました。好評でしたよ。男を登場させたのも内容が広がってより面白くなったようです。そして一人二役の楽しさ、役者は大変でしたが、観る側もその切り替えが面白かったようです。8人の女役の二役の一人の役者は、男性でした。なので余計会場が湧きましたね。

という事で、コメディなので男性にも奮って女役にチャレンジしていただきたいと思っています。全員が男性でやってみるのも面白いかもしれませんが‥‥。

募集します。8人の女役プラス1人の男役を。男役の方は、いずれ募集するとして、まずは8人。せめて4人の参加者を募集します。人間の可笑しさ、面白さを存分に身体で体験しましょう!


8人の女性、いや女性役求む!

フォーシーズン演劇クラブの2回目活動日。亀戸中央公園の時計台からスタート。前回同様、まだ一人活動ですが‥‥。しかしこの時計台の下の空間は、レッスンに最適。何より8個の椅子が置かれていて、8人が座れるようになっています。つまり使用台本「丸山家の人々8人の女たち」にぴったりの場所なのです。

さて、この台本について御説明します。元々フランス戯曲で「八人の女」というロベール・トマ作の芝居がありました。私もこの芝居上演に参加した事があり、親しみがありました。ミステリーコメディなので、もちろん、お話は面白いのですが、登場人物が個性豊かで魅力的なのです。そういう事もあり、私の企画で公演をする事にしました。

しかし8人の出演者を集めるのは容易ではなく、一人二役、プラス一人の男役5人の芝居に、そして設定を日本に移し、夏(原作は、冬)のお話に作り変えました。

この芝居は、トロピカルパブをお借りして、お店の内装そのままで公演は冬にしました。好評でしたよ。男を登場させたのも内容が広がってより面白くなったようです。そして一人二役の楽しさ、役者は大変でしたが、観る側もその切り替えが面白かったようです。8人の女役の二役の一人の役者は、男性でした。なので余計会場が湧きましたね。

という事で、コメディなので男性にも奮って女役にチャレンジしていただきたいと思っています。全員が男性でやってみるのも面白いかもしれませんが‥‥。

募集します。8人の女役プラス1人の男役を。男役の方は、いずれ募集するとして、まずは8人。せめて4人の参加者を募集します。人間の可笑しさ、面白さを存分に身体で体験しましょう!