国旗の色使いとその意味について2

本日5日は、パラリンピックの最終日。いよいよ熱かった日々が終わります。といっても、東京の気候は秋になったように冷や冷やした日々ですが。さて、国旗の色についてのお話です。今回、国旗について書かれた本を興味深く読み、お伝えしたくなりました。まず…

国旗における色使いとその意味について1

新型コロナによってオリンピック、パラリンピックは一年延期となり、未だ猛威を奮っているコロナ禍でも、やってしまったオリンピック。そして今はパラリンピックが終盤となっています。色々問題はあれど、私はやっぱりスポーツ好き。観てしまうのです。この…

桂明未劇場 前半4人を終えて

毎月一回上演している一人芝居「丸山家の人々」が、6月25日で前半の4人を終えました。7月は休演という事もあり、ここでパーソナルカラーも絡め振り返ってみたいと思います。まず、第1回は真理の独白でした。真理は、丸山家の次女で23才。元々明朗活発元気な…

2021年桂明未劇場「丸山家の人々」第一回目を終えて

早々と桜が満開になった東京ですが、今年の私はゆっくり桜見物をする事はなく、慌ただしく日々を送っています。11月まで一人芝居をするからですが、一回目が終われば、すぐ2回目の台本作りをし、稽古の毎日です。さて、一回目「真理の独白」はどうだったので…

桂明未劇場 丸山家の人々(8人の女たち)とは?

今回のブログは、3月26日〜月一回、11月まで公演予定の一人芝居について、内容説明を致します。少しでも興味を持って頂ければ幸いです。さて、この「丸山家の人々」という芝居は、私が以前創作した台本ですが、モチーフになったのはフランスの劇作家、ロベー…

2021年の桂明未

久しぶりのブログ投稿です。フェイスブックに今年の私の予定、役者をやる、演劇人に戻るような事を投稿しましたが、何故そんな気になったのか、お話したいと思います。昨年から続いている新型コロナの世界的蔓延。いつ終わるか分からない状況がずっと続いて…

秋のファッションコーディネート

すっかり季節は秋。この頃は気温の変化が激しく、冬がやって来たかのような日もありました。さて、秋となればファッションを楽しむには絶好の季節ですね。重ね着で色のコーディネートを楽しめます。しかし、今年の秋はいつもとちょっと違います。外出時は常…

自分が知らない私と対面!

今回は、パーソナルカラー診断で使用するドレープという色布について、ご説明します。パーソナルカラー診断をお受けになった事のある方なら御存じでしょうが、胸に当てて顔映りを見る様々な色の布です。私が使っているのは、43センチ四方の四角の布です。今…

パーソナルカラーは、人生に役立つのか?

今回私がお伝えしたい事は、違いを認め合う大切さです。パーソナルカラーと長年関わり、皆様の自分発見の手助けのためにパーソナルカラーを活用して来ました。そして自分が分かれば、他人も分かると思っております。人種差別や虐めはもちろんあってはならな…

桂七変化 まだ役者だった頃のフォト演技

昔のフォトCDが出て来たので、面白くて印刷してみました。これは、まだまだ演劇をしたい欲求があった頃、「8人の女たち(丸山家の人々)」というミステリーコメディの芝居をしようとしていて実現しなかったので、せめて私がその中の何役か、雰囲気だけでも…

ファッションぬり絵によるパーソナルカラーコーディネート2

2枚目のファッションぬり絵についての解説です。⑥〜⑨までの女性たちのパーソナルカラータイプは、春から冬の順番になっています。まず⑥は、エネルギッシュな春ですから、キュートな服装がぴったりのようですが、エレガントな感じの人もいますし、カジュアル…

ファッションぬり絵による、パーソナルカラーコーディネート

ファッションぬり絵①〜⑤までの解説をします。今回のコーディネートは、自分色じゃないものを着る場合の色の配色を考えてみました。まず①の女性。カジュアルな服装でキュートな印象です。パーソナルカラーは春タイプ、スプリングの人です。しかし紺色のセータ…

ファッションコーディネートの勧め

世界的な温暖化の影響があるのか、今年の冬は暖かいですね。雪不足で困る所もあるし、過ごしやすくて良い、とは言えない気候です。ファッションを考えても温暖化は困った事です。なぜなら暖かいと、冬ならではの重ね着でのコーディネートを楽しむ機会が減っ…

桂明未のお悩み相談室とは?

現代は、子供時代から悩みの多い時代になっているのかもしれません。イジメによってこの世から消えてしまいたくなる子供たち、実際にこの世から去ってしまう子もいます。これは社会問題です。このイジメは、大人になってもそこかしこで、パラハラとなって存…

2020年甲府での一泊冬旅

今回の旅は、ひたすら歩いた旅でした。そして、その道中見つけた建物や情景を撮影しました。甲府駅から武田神社まで坂道をどんどん登って行った帰り、住宅地の違う道を下っていた時でした。ふと空を見上げたら、面白い縦雲が…。一泊した宿から歩きに歩いて辿…

2019年〜2020年へ

今年も後一週間とちょっとになりました。先日の「星の王子さま朗読会」が終わり、個人的に果たさなければならない事は残っていますが、私にとって令和元年は、対外的には終わったようなものです。今年は区切りの年になりました。来年からは新たな活動となり…

お風呂と瞑想、そしてブララン体操

長年親しんでいる、前はリラックスエクササイズと言っていたブララン体操。身体を0に戻す体操なので、瞑想に近いものがあるなあ、とは思っていました。それが、これまた長年親しんでいる銭湯で発見!心身が解れリラックスすると、瞑想状態になる事に気付い…

フォーシーズン通信 夏旅の風景

2019年の夏旅は、8月下旬になった事もあり、天候も雨模様の日が多かったのが残念!それでも初の四国入りをしました。さて各地の風景から、(ほとんど駅周辺ですが)それぞれの街のエリアカラーや雰囲気を辿って行きたいと思います。写真の①〜④は岡山の街。…

フォーシーズン通信8月号

今年の夏は、中々やって来なかったのですが、梅雨明けと共に熱々の太陽を受ける毎日となりました。夏を感じる色って何でしょう。空の青、海の青、涼しさを感じたいのでヒンヤリ感じるブルーや太陽に映える白も夏を感じますが、私が一番にイメージするのは向…

フォーシーズン通信7月号 2

ゼロ体操についての2回目です。前回でこの体操の元が役者の基礎訓練として行われていた事には触れましたが、私が月1でやってますフォーシーズン演劇クラブでも解放運動として実施してます。まだメンバーが定着してませんので、ほぼ単独レッスンになってい…

フォーシーズン通信7月号 1

「ゼロ体操」またの名をブララン体操とは何?今回はカラー関係ではなく、どちらかというと演劇に関係している、以前は「リラックスエクササイズ」とか「ゆるゆる体操」とか言っていた身体運動の事についてお話します。身体を0の状態に戻す、究極のリラック…

フォーシーズン通信6月号

6月といえば梅雨の時期。最近の梅雨時の雨はしとしとではなく、ざーざー雨が多くなり豪雨の危険もあるようですが、この時期をイメージする色は、紫系の色ではないでしょうか。何と言っても、梅雨時に美しい花は紫陽花です。青紫がよく目にする色ですが、赤…

フォーシーズン通信5月号 2

パーソナルカラー自己診断は危険です!先日、久しぶりにある女性のパーソナルカラー診断を致しました。お悩み相談室にいらした方のお悩みは、御自分が分からないというもの。パーソナルカラーで自分を知ろう、という私の趣旨が活かせる場でした。さて、彼女…

フォーシーズン通信 5月号

新緑の5月となりました。今日4日は、みどりの日。今回のフォーシーズン通信は緑、グリーンについて注目、私なりに考察したいと思います。新緑のみどりは、本当に清々しい気持ちになりますよね。そして木々の緑の中にいると、森林浴となって心が落ち着き、…

フォーシーズン通信 春旅の風景

久々に青春18きっぷを使っての春旅に出かけました。今回は、ほぼ昔ながらの日本を感じる旅でした。駅前は賑やかになっていても、少し歩けば昔ながらの建物が残ってましたね。では、写真を見ながら建物や風景について、コメントします。まず①〜④までは、一…

フォーシーズン通信 春号

3月21日は、春分の日。すっかり春の陽気のような日が増えて来ました。2019年、東京での桜は開花したようです。これから日本全国桜の花が咲き春の到来ですね。という事で、春という季節でまず浮かぶのはピンク色です。それで2019年のフォーシーズン通信の…

星の王子さま朗読会が、いよいよ来週スタート!

ちょうど1週間後、来週の水曜日は「星の王子さま朗読会 前半」の日になります。朗読会に向けて、色々お伝えして来ましたが最終回です。〈大切な事は目に見えないんだよ〉という言葉について、私なりの考えを述べてみます。星巡りをしている間、王子さまから…

星の王子さま朗読会が、いよいよ来週!

ちょうど1週間後、来週の水曜日は「星の王子さま朗読会 前半」の日になります。朗読会に向けて、色々お伝えして来ましたが最終回です。〈大切な事は目に見えないんだよ〉という言葉について、私なりの考えを述べてみます。星巡りをしている間、王子さまにと…

星の王子さま朗読会に向けて3

今回は「星の王子さま」というお話の中で、心に響く大切な言葉について、お伝えしたいと思います。誰もが思い出すのは、〈大切な事は、目に見えない〉という言葉で、このお話の核心もそこにあるのですが、それはちょっと置いときます。最初は、第5話の王子…

星の王子さま朗読会に向けて2

今回は、「星の王子さま」という本の内容についてお話しします。知っているようで、中々知らないのが、この物語の深さです。子供向けではないのは、そこの所だと私は思っています。随所に意味ある言葉が出て来ますが、それは次回に回すとして、今回は感動的…